特定調停について知っておきたいこと

このごろはきかれなくなりましたが、任意整理と個人再生の中間のような特定調停という債務整理があるのをご存知でしょうか。

債務が残っている借入先について、払い込み済みのお金で過払い部分があるときに選べる方法です。

債務よりも過払い金のほうが多いことが分かれば、過払い金の請求は特定調停ではできませんから、後日あらためて請求する形をとります。

基本的に返済中は過払い金請求はできませんが、すべての債務を返済しおわってからとなります。みなさんご存知のように、債務整理を行うと、払いきれない利息を整理できますが、ある程度の期間はローンやクレジットカードの契約ができなくなるといった問題もあります。

ここで問題になるのがアパートやマンションの賃貸契約など、住まいに関する契約にも影響が出るのかどうかと言う事でしょう。

実際に調べてみると、どうやら、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。
どこでも選べるという所以ではないのですが、借りることは不可能ではありません。

私は個人再生としたおかげで、住宅ローンの返済がとても軽くなりました。
以前までは毎月返済するのが困難だったのですが、個人再生で手助けを得られたことではるかに返済金額が少なくなり、ゆとりのある生活が送れるようになりました。

ためらわずに弁護士に相談してみて本当に助かりました。もう、債務整理するしか借金問題を解決できる方法がのこされていないような状態の人には、うつ病を抱えてしまい、借金を借金で返すような負のスパイラルに陥っ立という人も少なくありません。

はたらくことができずに借金を繰り返したり、生活費を工面するために借入を繰り返した結果、返済できない程の金額になってしまっ立ということは、中々言い辛いことですから、一人で悩み続けてしまいやすいのです。そのために、さらにうつ病が酷くなって、最悪のケースを辿ることもあるのです。 借金地獄でもう死にたいです